坐骨神経痛 | 横浜市南区・中原区・武蔵新城・元住吉の整骨院なら リーフ整骨院グループ

リーフ整骨院グループ

坐骨神経痛

坐骨神経痛の症状は?

坐骨神経痛とは、病名ではなく下肢に出てくる症状の総称です。
主にお尻~下肢にかけて痛みやしびれが続いてしまいます。

坐骨神経は、坐骨を通ってお尻の筋肉を抜けて足に向かう末梢神経の1つです。

末梢神経は脳と脊髄からなる中枢神経と体の各部分を結び、体を自由に動かして温度を感じる道でもあります。

主に3つの神経から構成されています。
坐骨神経痛とは人体で最も太くて長い末梢神経で、腰のあたりから爪先まで伸びています。

この坐骨神経が圧迫されることで刺激を受けてしまうと腰や臀部、太もも、ふくらはぎや足先などに鋭く電気が走ったような痛みや、ピリっとした刺激を感じるでしょう。

坐骨神経痛の原因が特定できる場合、症状の1つとして使えます。

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄などの疾患が原因の時は、腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛が症状です。
実際に坐骨神経痛が原因の疾患はとても多いです。

病名ではなく症状として扱われることも多いです。検査しても原因が見当たらない場合は、坐骨神経痛が病名です。

坐骨神経痛の原因は?

主な原因には腰椎疾患があります。
その中でも特におおいのが腰部脊柱管狭窄症です。

年齢的には50歳以上の中年期によくみられますが、もともと脊柱管が狭い人なら30~40代で症状が出ることもあります。

リーフ整骨院グループでは、坐骨神経痛になった原因についてもよく探っていきます。
気になる症状があれば、気軽にご相談ください。

坐骨神経痛を改善するには?

坐骨神経痛を改善するためにできることと言えば、できる限り重いものを持たない、長時間同じ姿勢をとらない、肥満なら体重を減らす、激しい運動は避ける、安静にする、腰周辺の筋力をつけるといった例が主に挙げられます。

その他にも
・ホットパック
・温浴
・患部を温める

などすると痛みが和らぎます。

原因となっている疾患や改善点は異なり、改善策をおこなうためにも悪化してしまう危険性があります。

坐骨神経痛を起こす疾患には、悪化すると歩行できなくなってしまい、座っていられなくなる、排泄がうまくできなくなるなど深刻な状態があります。

原因となっている疾患を早期に発見し、治療することが大事です。
激しく痛む、安静にしていても痛い、日に日に痛みが増すなど、発症から1週間以上経っても痛みやしびれが続く場合は整形外科で検査してもらうといいでしょう。

坐骨神経痛の予防について

坐骨神経を改善するには筋力アップや治療も大事ですが、腰の負担を和らげる日常的なケアも大切です。

腰に優しいライフスタイルは、それだけでもしびれや痛みの緩和につながります。

腰を反らせる動作は痛みを強く感じやすいですが、少し前屈みの姿勢になると神経が軽くなり、日々の生活が楽になります。

まとめると…

・少し前かがみの姿勢で動作する
・洗濯物は低い位置で干す
・荷物は腰を落としてから持ち上げる
となります。

リーフ整骨院グループはアフターケアでもサポートいたしますので、どうぞ気軽にご相談ください。

【住所】川崎市中原区木月3-11-31カスカワビル1F
【診療時間】朝9:30〜12:30 夜15:00〜20:00 
【休診日】日曜

【住所】川崎市中原区北谷町8
【診療時間】朝9:30〜12:30 夜15:00〜20:00 
【休診日】日曜

【住所】横浜市南区永田東1-1-16フジビル1F
【診療時間】朝9:30〜12:30 夜15:00〜20:00 
【休診日】木曜日午後、日曜

【住所】川崎市中原区上新城2-8-20斎藤ビル1F
【診療時間】朝9:30〜12:30 夜15:00〜20:00 
【休診日】木曜日午後、日曜