さて、本日は交通事故後に起こる腰痛について説明します。

交通事故後の痛みと言えば「むち打ち」というイメージが強いですが、頸部と一緒に起こりやすいのが腰痛です。

交通事故後は精神が興奮状態にあります。

脳が体全体の痛みを和らげようと「エンドルフィン」などの脳内鎮痛物質を放出し、体の痛みを抑えます。

「事故後の初期は首しか痛くなかったけど、段々腰が痛くなってきた。」

という話がよく問診時に出ますが、上記のような事がある為徐々に症状が出てきてしまうのです。

なので整形外科で首しかレントゲンを撮らずに、腰は診てもらわなかったという事例が数多くあります。

初期は症状が気になる程度でもしっかりと問診をして、体の隅々まで症状を確認する必要があります。
当院では交通事故で悩まれている患者様の事故状況、主訴以外の細かい関節までしっかりと痛みを確認し、治療を行っていきます。

「このくらいの症状なら」と安易に考えずに、しっかりと交通事故後には治療を行いましょう。

川崎市中原区、幸区の交通事故治療は「ひらま駅前整骨院」にお任せ下さい!