本日は、交通事故を含め外傷を受けた場合の処置法についてご説明致します。

 

交通事故の患者様をはじめ、一般患者様からもよく質問がある内容です。

「この痛みは温めるの?冷やすの?」

まず冷やす場合は、受傷後1日から3日までの炎症が強い場合は冷やしてください。

特に患部に熱がある場合は氷のうがあれば理想的ですが、無い場合は氷をビニール袋に入れ、薄手のタオルで包んだものを患部へ15分ほど当ててください。
(寒冷アレルギーの場合は控える)

  
温める場合は、自発的な痛みが落ち着き、熱が下がった一週間以降に温めます。

血行を良くして、傷ついた筋繊維の修復を促します。

湯船にしっかり浸かることで体を温める事も重要です。

患者様の日常生活の指導、サポートなども積極的に行っています。

むち打ち。捻挫、打撲、挫傷、自賠責保険をしようした治療は「ひらま駅前整骨院」に是非ご相談ください。