ひらま駅前整骨院の大谷地です。

この頃くもりや雨が続き気温が下がってきて指先や足先などが冷える「冷え症」が出てきやすくなる季節になりました。
なぜこのように足先や指先が冷えてしまうのか、それは主に「血行」が原因です。
何故かと言うと私達の血液には、栄養が流れているだけでなく「熱」も一緒に流れている為血液が指先、足先までの流れが少なくなると熱が届き難くなりいわゆる「冷え症」の症状が出てきやすくなります。
ではどのようにして血液の流れを良くするのかそれは、ふくらはぎ、太ももの柔軟性を良くします。
特にふくらはぎは、「第二の心臓」と呼ばれ足まできた血液を心臓まで戻す作用があります。
つまりふくらはぎを手技治療やストレッチ等で柔軟性を良くしていけば足先まで血液が流れやすくなり冷えを改善する事が出来ます。
川崎中原区で冷え症にお悩みの方、ひらま駅前整骨院にお気軽にご相談下さい。