日毎寒さが増してますね。
上着を着込み、マフラーを巻いている人をよく見かけます。

寒さが厳しくなるこの季節、気をつけたいのは風邪ですね。
「最近くしゃみと鼻水が...」
「咳がなかなか治まらなくて...」
「のどがイガイガして痰が出る」       …などなど
当院に来院される方からもこんな声が多く聞こえます。

こうした風邪症状を抱えている方には共通して、ある症状が...

それは  ……なんと肩こり

特に肩甲間部の筋緊張なのです。

一見すると関係ないように思えますが、
咳やくしゃみを訴える方にはかなりの頻度で見受けられます。

そこで、肩甲間部の筋緊張を取るよう治療すると…

なんと、症状が改善したのです!

  
  効果としては、
   ・咳の頻度減少
   ・痰が切れる
   ・のどのイガイガ軽減
   ・鼻づまりの解消
   ・頭痛改善 …etc

このように多くの風邪様症状に効果があります。

何故肩こりなのでしょう?
肩甲間部の深部には自律神経の束があります。
自律神経に乱れがあると、肩甲間部の筋緊張として現れます。
これが肩のコリ感の原因ですね。
そこで肩甲間部の筋肉をほぐすことで自律神経のバランスを整え、様々な異常を改善します。
また、当院のコアマッスルセラピーでは免疫系の活性化や血流改善の効果があるので、
より一層の効果が見込めます。

師走も目前で疲れが溜まる時期かと思います。
今のうちにしっかりと筋肉をほぐして、年末年始は痛み知らず風邪知らずで過ごしたいですね。