過去に山県高岡市内で、自転車と歩行者の衝突事故が発生しました。

自転車を運転していたこの17歳の少年は、前方不注意により重過失傷害容疑で書類送検されてしまいました。こんなに重い処分となった理由は、スマートフォンを操作しながら自転車を運転していたため。

そうです、歩きスマホを超えた、「チャリスマホ」です。起こるべくして起こってしまった事故としか、言いようがありません。

具体的には、片手にスマートフォンを持ってゲームやLINEなどをしながら、自転車を運転していたとのこと。視界は狭まり、ブレーキもしっかりかからない状態ということです。こんな状態では、避けられる事故も避けられません。

歩きスマホだって、年間でかなりの件数の事故が起きているのが現状です。

身近に危険は潜んでます、みなさんくれぐれも気をつけましょう。