台風の上陸前の対策台風の防災対策台風の一般的な最大風速は40~50m/秒くらいだが、大きく強いものだと、60m/秒を超えるものも多いため、台風が上陸した場合、規模にもよるが大きな災害を引き起こすことが多い。強風で波が高くなり、家屋が倒れるか破損したり、樹木や農作物に影響が出たりなど。
 
そのため、自分の住まいが台風の進路になった場合、
・家の各所を点検し、修理や補強をしておく。特に窓ガラスなどは、テープなどで補強し、雨戸やシャッターがあれば閉めておく。
・家屋の外にある、植木鉢などは固定するか、家の中に取り入れて風に飛ばされないようにする。
・浸水の恐れがある家は、家具・電気製品などをなるべく高い場所に置くようにする。
・防災グッズや非常時の持ち出し品を揃えて、出しやすい場所に置いておく。
・最寄の避難所・非難経路を確認しておく。
 
などの準備をしておくことが必要です。

くれぐれ気をつけてくださいね。