肩凝りの原因は様々ですが、

枕も肩凝りの原因になることがあります。

枕の高さや柔らかさは重要になります。

枕は首の骨である頸椎のカーブを自然に近い形で保つ高さや素材のものを使用して、負担をやわらげましょう。

枕が高過ぎると頸椎のカーブがきつくなり、関節や靭帯を傷めやすくなります。
逆に頭が沈み込んだり、低過ぎたりすると、首が反り返ってしまい、筋肉や椎間板が緊張したままになってしまいます。

眠っている時間は長い間同じ姿勢になりやすいので、そういう時に負荷をかけたままだと
筋肉や関節へのダメージが大きくなります。

頸椎のカーブが自然な高さに保てるような高さを選ぶようにしましょう。

平間、中原区の首の痛みについて当院「ひらま駅前整骨院」にお気軽にご相談下さい。