9月に起こりうる体調不良の原因のひとつとして、セプテンバーリスクがあります。
セプテンバーリスクとは、急激な温度低下など気温の変動に身体がついていけない状態をいいます。

人間の身体は気温にも対応できるように、体温も自動的に調節する仕組みがあります。なので、暑くても寒くても身体が適応できるのです。しかし、急激な気温差には弱いのです。

9月は、この急激な気温差が起こりやすい季節です。朝は特に血圧も下がりやすいので、寒い時は注意が必要です。

急な脳梗塞や心筋梗塞の恐れもあります。

対策としては、
・服装も長袖を重ね着したり、調節できるようにする。
・朝は脱水しやすいので、水分をよく摂る。
・温かい飲み物などで身体の内側からも温める。

以上、日々の注意の積み重ねで防げることなので、注意しましょう。

また、冷え症などもふくらはぎの筋肉などを治療することで改善できます。
平間や中原区に住む冷え症の方はひらま駅前整骨院にお気軽にご相談下さい。