このジメッとした日本の夏。
湿度の高い暑さは、とても不快で体調を崩しがちです。
でもその原因をきちんと理解し夏バテ対策をすれば、
夏バテ解消もそうむずかしいことではないのです。
 
そもそも、夏バテの原因は
「自律神経の乱れ」によるものです。

夏バテは夏の暑さで体内に熱が蓄積します。
熱を発散させるのは自律神経の働きによるものです。

自律神経が血管を拡張させ熱を体外に出すのですが
自律神経のバランスを崩すと上手に体内の熱が放散出来なくなり
さまざまな症状を引き起こします。

主なものとして
全身の倦怠感、食欲不振、思考能力の低下
発熱、頭痛、下痢、便秘さらにめまいを伴うこともあります。

ならない為の予防として
バランスのいい食事をとること
体の冷やし過ぎには注意すること
しっかりした睡眠をきちんととることなどが
あげられます。

以上の事に気を付けながら快適な夏を過ごして下さい。