本日は、むち打ち症で生じる肩こりについてご説明致します。

 交通事故後に、それまで肩こりを感じたことがなかった方が肩こりの症状を強く訴える場合があります。もちろん今までも肩こりを常に感じていて、増悪する場合が多いのですが。

具体的な症状としては、首、肩、背中(肩甲骨のまわり)に張りが生じ、重さや痛み、不快感が発生します。場合によっては、腕が一番上まで上がりにくい、首が回りにくくなった、などの症状が出てきます。又、痛みがある場所に固いぐりぐりしたしこりのようなものがあったりします。

 

 事故により、ダメージを受けた筋肉は、回復途中で、柔軟性が低下します。この筋肉の柔軟性の低下が、患部の血流を阻害し、発痛物質を停滞させ痛みを発生させます。グリグリしたものは、固くなり、機能が低下した筋肉です。事故から1週間程度経過し、症状が強まる場合が多いですが、この筋肉のしこりは当院のコアマッスルセラピーや、鍼灸治療、温熱治療によって回復させていけば、症状は消失していきます。

 肩こりの治療では、筋肉の柔軟性を改善し、血流を回復させることが大切です。ストレッチや軽い筋力運動も有効です。

交通事故後のストレッチ指導、運動指導も行っております!
交通事故治療で疑問がありましたら是非一度ご相談ください!

川崎市幸区、中原区の治療はひらま駅前整骨院にお任せ!!