交通事故でのむちうち症とは?

追突事故などの衝撃で、頚椎(首の骨)が過度に屈曲後、過度に伸展する「むち」のような動きを衝撃によって強制されることによって発生する、頚椎捻挫の総称です。それにより、首の痛みや頭痛・肩こり・手のしびれ・倦怠感首や肩の可動域制限・運動制限など様々な症状を引き起こします。むちうち症の多くは、後方からの衝撃により頭(後頭骨)を支えているC1(第一頚椎)に損傷をうけます。それにより、後頭骨とC1(第一頚椎)を繋いでいる筋肉(後頭下筋群)に障害が発生、後頭骨と第一頚椎の間の関節に歪みが生じ、それにより頚椎の生理的弯曲である前弯のカーブが減少し、ミリタリーネックというむちうち症特有の症状が出現します。また、後方からの衝突による振り戻しによって、頚部の前面部の筋肉が収縮してミリタリーネックを助長します。なかなか症状が回復しない場合などは、脊髄を覆ってる脊髄硬膜に異常を起こしているケースが多く見受けられます。衝撃の強さや個人の体質・年齢の違いなどでも治癒にかかる期間に差が出ます。もし症状でお悩みの方、交通事故治療が得意な、ひらま駅前整骨院にご連絡ください。