腱鞘炎とは、関節を動かすのは筋肉なのですが、
筋肉の力を四肢の先端に伝える紐状の物の事を腱といいます。

この腱は、腱の浮き上がりを抑える「腱鞘」というトンネルの中を通っていて、
この腱と腱鞘の間に起きた炎症を腱鞘炎といいます。

腱鞘炎は反復運動を繰り返す機会の多い人や、
激しい運動をする人がなりやすい傾向にあり特に年齢を重ねている方は注意してください。

腱や筋肉は年齢と共に衰える傾向があるので中高年ほど
腱鞘炎になりやすいといわれています。
特に女性は更年期のホルモンの影響で腱が弱り、日頃おこなっている家事などでも
腱鞘炎になりやすいため要注意です。

ひらま駅前整骨院では腱鞘炎などの症状の患者さんも
診させて頂いています。

もし、気になるような事があれば是非いらっしゃって下さい。