体に痛みがある際に皆さんはどのような処置をしますか?
大半の方は湿布を貼ったり、鎮痛剤を飲み様子をみる方が多いと思います。

今回は内服薬の鎮痛剤におけるメリットとデメリットについて記載します。
現在の整形外科や一般的な病院で処方される鎮痛剤は、
(ロキソニン、セレコックス、ボルタレン、ハイペン、ロルカルなど)
非ステロイド系鎮痛剤と言われる物が多いと言われています。

鎮痛剤のメリットは読んで字の如く、炎症を抑え、痛みを取ってくれます。
「夜痛くて寝れない。」「痛みがあって家事ができない。」など重度の場合は飲む必要性があります。

しかし、慢性的な痛みに変わり、長期的な服用はリスクを伴います。
非ステロイド系鎮痛剤の効果として、消化器の働きを抑制し、損傷部位の血流を悪くするため、
損傷部位の治癒を遅らせてしまうデメリットがあります。
その他にも腎障害、肝障害を合併するリスクもあります。

薬は手軽で便利なものですが、時として痛みの部分に悪い影響を与える場合もあります。
薬に全てを頼るのでは無く、必要な医療機関に行き、しっかりと治療しましょう。

当院における治療は痛みに対し、根本的な原因をしっかりと割り出し治療を行っていきます!

川崎市、中原区、幸区の治療はお任せ下さい!交通事故、日常の痛みがあれば是非ご相談を!