こんにちは!川崎市中原区平間駅改札を出て左に徒歩1分 ひらま駅前整骨院です!!

今日は腱鞘炎についてのコラムです!

腱鞘炎という言葉はよく聞くかと思いますが、腱鞘炎って何?腱鞘ってどこ?と疑問に思う方もいますよね。

まず腱と言うのは筋肉と骨の移行部に存在します。その腱を通す「鞘(さや)」(トンネルのようなもの)を腱鞘と呼びます。腱鞘は腱が浮き上がらないように押さえつける役割をしていて、それに加えて関節の動きを滑らかにする役割もあります。

 

腱鞘炎で最も多いのが手首です。原因は単純に手、指の使い過ぎです。

手や指を使うことによって腱と腱鞘の間で摩擦が起きてしまいます。そして使いすぎると炎症が起こり痛みが出てしまいます。

昔は料理人や美容師の職業病とも言われていましたが、主婦やパソコンを使うビジネスマンにも多く発生しています。最近ではスマホの使い過ぎも原因となっています。

お子さんを抱っこするママさんにも起こることが多いです。当院ではお子様連れの方も大歓迎です!

 

手や指を使いすぎないように気をつけて生活していきましょう!仕事でどうしても使ってしまう人は適度な休憩やアイシングなどで予防しましょう。

ひらま駅前整骨院では川崎市中原区、幸区の皆さんのご来院お待ちしております。分からないことがあれば気軽にご相談ください!