川崎市中原区平間駅徒歩1分 ひらま駅前整骨院です!

最近は雪でも降るんじゃないかってぐらい寒いですね・・・

雪が降らないにしてもどんどん寒くなるこの季節。

お風呂や温泉が楽しみになる方、多いのではないでしょうか?

一日の終わりに、湯船にゆったりと浸かるひととき・・・寒い日は特に、身も心も温まりますよね。

ところがその一方で、

入浴中に突然死する方が、毎年一万人以上いることをご存じでしょうか。

(交通事故死亡者より多いそうです!)

原因の多くは脳卒中脳出血脳梗塞)や心筋梗塞などであり、また11月~3月の冬に多発しています。

みなさんは冬場に、お風呂や脱衣所が寒くてブルブルとした経験、ありませんか?

人の体は寒さを感じると、血管が収縮して血圧が上がります。そのため、暖かい場所から寒い場所に入ると、血圧が急激に上昇します。

また、浴室が冷えている場合はさらに血圧が上昇します。

そして急激に血圧が上昇した状態で熱めの湯船に浸かると、血管が弛緩し広がって、今度は血圧が急激に下がってしまいます。このような急激な血圧の変動が、いわゆるヒートショックと呼ばれる状態であり、脳卒中や心筋梗塞を引き起こす原因となります。

ヒートショックの影響を受けやすいのは65歳以上の高齢者高血圧症糖尿病動脈硬化の病気をもってる人、肥満の人不整脈がある人、また熱い風呂が好きだったり、いわゆる一番風呂に入ることが多い人、飲酒してから入浴する人、などがあげられます。

ヒートショックを防ぐには

  • ☆お風呂に入る前に、脱衣所と浴室を十分に暖かくし、温度差を少なくしましょう。
    シャワーを使って浴槽にお湯をはると、湯気が浴室に広がり、温度が上昇します。浴室の蓋を少し開けておくのも効果的です。脱衣所などに小型ヒーター等の暖器具を入れるのも良いでしょう。
  • ☆お風呂の温度は40℃以下と低めに設定しましょう。浴槽に浸かるのは5~7分、入浴時間自体を全体で20分以内にしましょう。
  • ☆入浴前後にコップ一杯以上の水分補給をしましょう。
    入浴中は、発汗と入浴中の利尿作用により脱水傾向になっています。脱水傾向になると血液の粘度が増し、血栓ができやすいのです。入浴後のほか、前に飲むのも大事なのです!
  • ☆寒い日には、できるだけ露天風呂に入らないようにしましょう。
  • ☆上の血圧が180以上、下の血圧が110以上ある場合は入浴を控えましょう。
  • ☆入浴時間は短めにし、肩まで長時間浸からないようにしましょう。
    長時間浸かっていると体内の水分がかなり奪われ、血流が淀み、脳梗塞を引き起こしやすくなります。
  • ☆入浴後はすぐに水分を拭き取り、保温のためすぐに着替えをしましょう。
  • ☆早朝、深夜の入浴は避け、体調が思わしくないとき、疲れすぎているときは入浴を控えましょう。
  • ☆入浴時は心臓から遠い手や足からお湯をかけ、徐々に体全体をお湯にならしてお風呂に浸かりましょう。

 

いかがだったでしょうか。

皆さんもお風呂に入る時は注意しましょう!

それでは 🙂

 

口コミサイトのエキテンにも、初回割引キャンペーンなどお得情報が満載です。

http://www.ekiten.jp/shop_458571/