川崎市中原区平間駅徒歩1分 ひらま駅前整骨院です!

 

今回は寒くなってきたので運動前の怪我予防について書いていきます。

ウォームアップ

ウォームアップという言葉は皆さんどこかで耳にしたことがあると思います。
これは文字通り「温めること」であり、身体の体温を上げてメインのスポーツや運動に備えるための準備のことをさします。
いきなり身体を動かすと何となく身体が重かったり、思うように動かなかったりした経験のある方もいるでしょう。なぜウォームアップが必要なのでしょうか。

 

1)体温を上昇させる
運動をすることで体温や筋肉の温度(筋温)が上昇し、筋肉や腱などの柔軟性が高まります。

またウォームアップによって関節のもつ可動域(関節の動く範囲)が大きくなり、より巧みな動きができるようになります。

2)メイン運動への適応性を高める
ウォームアップをせずにメインの運動やスポーツをおこなうと、心肺機能や筋肉などに大きな負荷がかかってしまいます。

急に激しい運動をすると呼吸が乱れ、回復するのに時間がかかることも。

また複雑な動きに対応できずにケガをすることも考えられるため、ケガ予防として準備する必要があります。

3)身体だけではなく心理的な準備にもなる
ウォームアップを行うことで、やる気をコントロールするホルモンであるアドレナリンが体内に多く分泌され、中枢神経を刺激して運動に対する心理的な準備が整います。

 

季節によって準備も変わる

夏の暑い時期であれば時間をかけなくても身体は温まり、汗をかいて体温を下げようとします。

あまりウォームアップに長時間かけてしまうとメインの運動を始める前に疲労してしまうこともありますので、軽いジョギングとストレッチを行い、身体が温まったと感じたところでメインの運動を始めるようにします。

ストレッチは立って動きながら行うダイナミックストレッチがオススメです。

個人によっても時間は変わってきますが10分~15分程度を目安に動いてみましょう。

逆に冬の寒い時期は夏の時期と同じようにウォームアップを行っていると、なかなか身体が温まらないと思います。

寒い日のウォームアップでは身体を温めるようなウォームジャケットなどを準備し、入念なジョギングを行います。

そこからストレッチを行い、十分に身体が温まったと感じたところでメインの運動を始めるようにします。時間の目安としては20分~30分ほどゆっくり時間をかけることが理想的です。

 

 

口コミサイトのエキテンにも、初回割引キャンペーンなどお得情報が満載です。

http://www.ekiten.jp/shop_458571/