川崎市中原区平間駅徒歩1分 ひらま駅前整骨院です!!

前回はふくらはぎについてのコラムでした!
その中で少し登場したむくみについて詳しく勉強していきましょう!

一日中立ちっぱなしだったり、デスクワークで座り通しだったりすると、夕方になって靴がきつくなる、という経験はありませんか?
指で押すとその跡がくっきりと残るほどにパンパンになってしまうこともあります。

このような『むくみ』は医学的には浮腫(ふしゅ)といい、女性によく見られる症状のひとつなんです。

むくみは血液の循環と深く関わっています。

心臓がポンプのような働きをすることにより、私たちの体内に流れる血液は動脈を通して水分や栄養分を細胞へ供給する役目を果たしています。
それと同時に、細胞内で不要となった水分が、静脈やリンパ管に戻ってきて再び体内を循環します。
しかし、静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態がむくみです。

原因はいくつか考えられます。

(1)長時間の起立状態

長い時間立っていると、重力により血液は足に溜まってしまいます。すると、静脈は圧が高くなってしまい、戻ってくる水分を受け入れることが難しくなってしまうのです。立ち仕事をしている方の足がむくみやすいのは、このような原因があるからです。

(2)運動不足による冷え性や血行不良

足の筋肉は収縮することにより血液を循環させるポンプの役目を果たします。運動不足によって足の筋肉が衰えると、そのポンプ機能が低下しまい足に水分が溜まりやすくなってしまうのです。

さらに足先の毛細血管まで血液が潤滑に流れなくなり、冷え性や血行不良を伴うむくみが起こります。

(3)水分・塩分の摂り過ぎ

水分や塩分を採り過ぎることにより、血液中の水分が増えてしまいます。それにより余分な水分が留まりやすくなり、むくみの原因になります。

(4)下肢静脈瘤・肝臓の病気・腎臓の病気

などといろいろな原因が考えられます。

水分の溜まり過ぎによるむくみならひらま駅前整骨院のフットマッサージで解消できるのでぜひご相談ください!